11.14sat タンボリン  ワークショップ サンバのリズムに乗ってタンボリンを回しちゃいましょう!

受講料:1000円  1回目 開始 14:00 終了 15:30             2回目 開始 17:00 終了 18:30 

前回、オープン記念のタンボリンを使用してのワークショッツプで 多くの方がタンボリンの叩き方、特にタンボリンを回すことに興味がありそうでした ので、 第2回目のワークショップはタンボリンの演奏方法! サンバのリズムに乗ってタンボリンを回しちゃいましょう講座をしますー。 タンボリンの演奏方法は簡単で、誰でも演奏することはできます。 しかし、サンバのリズムにのってタンボリンを叩くことは結構というかかなり難しい です。 他のリズム楽器と合わないと迷惑以外何物でもないことになりかねません。 ということで、サンバのグルーブを体感しつつタンボリンを叩けるような ワークショップをやってみます。ついでにタンボリンを回せるようにもなりましょう!

【講師プロフィール】●山下定英(やましたさだひで)
国立音楽大学器楽科卒業。その後サンパウロ州立音楽大学〈Univercidade Livre de Musica Tom Jobim,現在はEMESP〉で作曲を学び、トロンボーンをハウル・ヂ・スーザに師事する。
1993年、サンパウロ州立吹奏楽団に入団、同時に前大学のユーフォニアム講師となる。トロンボーンでは幾つものBig Band、歌手のツアーサポート等に参加し、夜は大好きなガフィエラのバンドで研鑽を積む。
2002年帰国し、ブラジル音楽の普及図るため(有)サンビスタを設立。その後、日本初となるブラジル音楽を演奏するBig Band「オルケストラ・サンバドール・オリエンチ」を立ち上げる。他に管楽アンサンブル「ソプロス・ブラジル」。ダンスバンド「バンダ・オバオバ」、トロンボーンクァルテット「クアトロ・コーリス」またアマチュアが楽しめるバンド、「エザルタード・サンバ・ブラスバンド」、「オルケストラ・サンバドール・パッサリーニョ」等がある。自身のCDは「ViVa Brasil」、「Estilo Brasil」の2枚をリリース。
企画した主なコンサートは
2013〜2015年 大田区文化振興協会主催の一般参加者を募った吹奏楽のブラジル音楽のコンサート「サンバDeブラス」
2016年 浜松市世界音楽の祭典での「ブラジル音楽コンサート」
2017年 八王子市市制100周年を祝うコンサート
2019年 2020年東京オリンピックで大田区がブラジル人選手団のキャンプ地に決定した記念のコンサート
ここ数年はブラジル滞在10年の経験を活かし、毎年ブラジルよりゲストを招聘して、管楽器のブラジル音楽普及のため日本全国で様々な活動をしている。

【ご予約】